ここちいいねっと

心地よく生きていきたい(二拠点生活/娘(大学生・高校生)と3人暮らし)

大学1年生のときに自動車免許を取得した娘の体験談(国立大学生の娘)

娘は、4月から国立大学2年生になります。

 

大学1年生の5月に受け始めて8月に自動車免許を取得しました。

 

大学2年生で取ることも考えたのですが、1年生のときに取得しておいて正解だったと言っています。

 

なぜかというと、2年生になると対面授業になりサークル活動も忙しくなりそうだから。

 

現在、メインのアルバイトが2つと単発の仕事が入ると3つしています。

 

cocochiii.net

 

娘の周りの人は、1年生の夏休みを利用して取った人が多かったそう。

 

大学生のときに、自動車免許を取得しようか考えている方の参考になればと娘の体験談を書いてみました。

 

 

 

 

大学1年生のときに自動車免許を取得して良かった

f:id:cocochiii:20220319221120j:plain

大学1年のとき、2021年4月ころといえばちょうどコロナが流行っていて自粛ムード。

 

授業も対面がなくzoom、先生とのやり取りもすべてオンラインで。

 

大学に入ったばかりの頃は、サークルもアルバイトも決まってなく比較的時間に余裕がありました。

 

このときを利用して、自動車免許を取りに行ってる人がいるという情報が・・・

 

娘もさっそく調べたところ授業も受けながら通えそう。

 

ということで、思い切って通うことに決めました。

 

娘の大学は、2年生から対面授業が増えていくそう。

 

対面授業やサークル活動、アルバイト、今以上に忙しいのは間違いなさそうですね。

 

はやり、大学1年生のときに自動車免許を取得しておいて良かったと話しています。

 

教習所に通ったときの娘の体験談

f:id:cocochiii:20220319213557j:plain


教習所まで自宅から近かったので自転車で通っていました。

 

自動車免許を取得するまでには、学科と技術の両方勉強して合格しないといけません。

 

これがなかなか大変だったりします。

 

  1. 第一段階
  2. 仮免許
  3. 第二段階
  4. 卒業検定
  5. 本免学科試験

 

娘が教習所で学んだこの順番通りに娘の感想を交えながらお話しますね。


第一段階

f:id:cocochiii:20220319213954j:plain

第一段階では、学科教習(1コマ50分)、技能教習(1対1形式)があります。

 

娘『学科はなんとかなりそうだけど、問題は技能教習だな』と。

 

初めて車を運転するって、怖いしドキドキ緊張しますよね。

 

でも、教官が一緒に横に乗って補助ブレーキを踏んでくれるので一応安心です。

 

f:id:cocochiii:20220227235621j:plain

 

免許を取るとき、教官との相性も気になるところですよね。

 

娘の通った教習所は教官の数が多く、教官を指定することもできました。

 

娘は同じ教官ばかりに教えてもらわず色々な教官に教えてもらうことに。

 

教官の性格も様々で、優しく言ってくれる人もいれば怖くて苦手な人もいたようです。

 

第一段階では教習所内を運転しながらコツをつかんで、次は仮免許を取るための試験を受けます。

 

 

 

仮免許

f:id:cocochiii:20220319220344j:plain

第一段階の学科と技能教習が全て終わると、それぞれ試験を受けて仮免許を取る必要があります。

 

学科試験は全てマーク形式〇か×を答えるタイプで、50点満点中45点以上で合格。

 

隙間時間を利用しながら勉強して合格できました。

 

問題は学科試験よりも技能試験のほうが不安だったようです。

 

カーブや一時停止など細かくチェックされ、100点満点中70点以上で合格。

 

一時停止が危なかったけれど、なんとか技能試験も合格できました。

 

教官がアドバイスしてくれたことは覚えておいて、実践するようにしたらうまくいったと話しています。

 

第二段階

f:id:cocochiii:20220319223635j:plain

仮免許取得後は、第二段階の学科と技能を受けます。

 

公道に出て運転したり、高速道路に乗ることも。

 

例えば

 

  • ウィンカーを出してハンドルを切る
  • バックで車を止める
  • 路肩に停める
  • 高速道路を走る

 

娘『初めて公道に出て運転するなんて運転できるか不安』と言っていたのに。

 

数回運転すると『数回運転したら平気になって慣れてきた』と。

 

あんなに怖がってたのに慣れるものですね。

 

f:id:cocochiii:20220227235621j:plain

 

ただ、気をつけないといけないのは

 

  • 教官の言葉をよく聞く
  • 安全確認を怠らない

 

より実践的な運転になるので気を引き締めて乗らないといけません。

 

いよいよ次は卒業検定です。

 

 

 

卒業検定

f:id:cocochiii:20220319225300j:plain

第二段階の学科と技能教習が全て終わると、卒業検定を受けることになります。

 

学科試験は、95問の正誤式問題、90問以上正解で合格。

 

意地悪問題もあったみたい。

 

きちんと対策して覚えていけば解ける問題だったと娘は話しています。

 

技能試験は

 

  • 歩行者に気を配れているか
  • バックで駐車でているか
  • 速度の出しすぎ

 

いろいろ事細かにチェックされます。

 

公道に出て運転するだけでも緊張するのに、それに加えて卒業検定がかかってると思うと余計ですよね。

 

なんとか学科試験と技能試験も合格することができました。


教官にアドバイスされたところを思い出して、緊張してたけど落ち着いて運転するように気をつけたと娘は話しています。

 

本免学科試験

f:id:cocochiii:20220319220758j:plain

いよいよ、運転免許センターで本免学科試験を受けることになります。

 

この試験で合格点以上取ることができれば無事に免許証を取得。

 

この試験に落ちてしまうとまた勉強し直し。

 

日程を空けてまた受けないといけないという手間もかかってしまう。

 

そうならないように、何度も繰り返し問題を解いて勉強していたと娘は話しています。

 

なんとか本免学科試験も合格して免許証を取得することができました。

 

 

 

通いが難しいなら合宿でもいいのかも

f:id:cocochiii:20220319214723j:plain

教習所に通うのが難しいなら合宿という方法もあります。

 

娘は通いながら自動車免許を取得しましたが、合宿のことも一応調べていました。

 

金額は、合宿だと20~25万円、通いだと25~30万円くらいです。

 

合宿のメリットは

 

  • 短期間で終われる
  • 金額が安い

 

基本的に2週間ほどで終われそうです。

 

通いだと最短で1ヶ月~最長で9ヶ月かかります。

 

通うのが難しく、集中して時間を無駄にしたくないという人は合宿でもいいかもしれませんね。

 

自動車免許のお金はどうする問題

f:id:cocochiii:20220319220009j:plain

自動車免許取得は、時間もかかりますがお金もかかります。

 

金額は、合宿だと20~25万円、通いだと25~30万円くらい

 

高いですよね~

 

大学授業代、生活費、自動車免許、成人式などたくさんお金がいります。

 

この自動車免許のお金をどうするのか考えないといけませんよね。

 

主人と私と娘で話し合った結果、親が負担することにしました。

 

子供が小さい間にお金を貯めておくことはとても大事です。

 

 

 

まとめ:大学1年生のときに自動車免許を取得した娘の体験談

f:id:cocochiii:20220319215201j:plain

自動車免許を取得するまで長い道のりですよね。

 

時間もかかりますがお金もかかりますし大変です。

 

娘は大学1年生のときに、なんとか無事に自動車免許を取得することができました。

 

比較的時間の余裕がある1年生のときに取得しておいて良かったと話しています。

 

近々、友達と車を借りて遊びに行く約束もしているのだとか。

 

親としたら子供の運転は危なっかしくて心配です。

 

子供がいくつになろうが心配するのが親ですよね。

 

車を運転するようになると、心配の種がまた増えました。

 

 


お読みいただきありがとうございます!
応援していただけたら励みになります!
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へにほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
PVアクセスランキング にほんブログ村