ここちいいねっと

心地よく生きていきたい(二拠点生活/娘(大学生・高校生)と3人暮らし)

老後住む場所について夫婦で話し合いました(終の棲家)

今年1月から通信制高校に通う次女のため二拠点生活をしています。

 

大学生になって一人暮らしを始めていた長女も一緒に。

 

二拠点生活を始めて4ヶ月目。

 

新たな地域の生活にも慣れてだいぶ落ち着いてきています。

 

最近、老後住む場所(終の棲家)について夫婦で話し合いました。

 

 

 

 

21年住んだ地域はしがらみだらけ

自宅がある地域には、結婚してから住み始めて21年間住んでいました。

 

家を建てて17年目です。

 

私の地元ではなく主人の地元、車がないと生活しにくい地域。

 

義親の家は車で10分くらい、親戚の人たちも住んでいます。

 

結婚してからずっと違う地域に住みたい気持ちはありました。

 

義理関係や近所付き合い、娘を通して知り合った人や出来事が煩わしいと思っていたからです。

 

しがらみだらけで煩わしいな。

 

そう心の中で思っていても、このままこの家に住み続けることになるんだろうと思いながら過ごしてました。

 

次女の通信制高校に転入する機会がなければ、あのまま自宅がある地域に住み続けていたと思います。

 

今住んでいる地域は、結婚する前から住んでみたかった場所。

 

まさか今こうして住めるようになるなんて、不思議な気持ちでもあります。

 

 

 

このまま新たな地域に住み続けたい

二拠点生活が終わると私は自宅に帰る予定になっています。

 

娘たちは学校を卒業すると県外に出てしまうかもしれません。

 

県外に出たいと思っている娘たちの気持ちを聞き、巣立った後どうしていこうかと深く考えるようになりました。

 

今住んでいる地域は、自宅がある地域よりも都会でとても便利です。

 

デメリットといえば、人や家が多く物価が高い、住むなら賃貸になる可能性が高いところでしょうか。

 

私のことを知ってる人がいない環境、こんなに気持ちが楽になるなんて。

 

自宅がある地域は、娘を通して知り合った人たちや近所付き合いでしがらみだらけ。

 

 

新たな地域に住み始めて、このまま住み続けたいという気持ちになっています。

 

 

 

老後住む場所について夫婦で話し合う

主人と別居生活を始めて、一緒に住んでいた頃より会話が増えた気がします。

 

最近、主人と老後住む場所(終の棲家)について話し合いました。

 

老後、自宅がある地域に住み続けたいのか、新たな地域に住むのもありなのか意見を聞いてみると・・・

 

長男なので親の面倒を終えたら自由に動ける。地元にずっと住みたい訳でもないから新たな地域に住むのもあり。

 

その時々の状況に応じて変化しても大丈夫だそう。

 

仕事のことと親のこともあるので、数年は自由に動けそうにありません。

 

主人の理想の老後は、庭付きの一軒家で野菜作りをしたい。

 

賃貸マンションに老後住むのはあまり考えてはなさそうです。

 

私は夫婦でなら一軒家、一人暮らしなら賃貸マンションが理想。

 

これから先こうしていきたいという話し合いをするのは大切ですね。

 

お互いの気持ちが知れたので良かったです。

 

これからの状況次第で動けるように、選択肢を増やしておこうという話になりました。

 

 

 

 


お読みいただきありがとうございます!
応援していただけたら励みになります!
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へにほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
PVアクセスランキング にほんブログ村