ここちいいねっと

心地よく生きていきたい(二拠点生活/娘(大学生・高校生)と3人暮らし)

子宮頸がんワクチン接種3回終了しました(通信制高校生の娘)

小学校6年~高校1年相当の女の子に子宮頸がんワクチンを公費で受けられる制度。

娘(通信制高校生)は、これを利用して3回目を先月終了することができました。

 

数年前、子宮頸がんワクチンを推奨しない、一時中止という時期があったような気がします。

 

娘(大学生)のときはそのことがあって受けることを止めた記憶が・・・

結局打つタイミングを逃してしまって、今も接種してない状態です。

 

子宮頸がんワクチンを接種したときの様子と定期健診はとても大事だと思った話をお伝えします。

 

 

 

 

子宮頸がんワクチンを接種したときの様子

f:id:cocochiii:20220314080834j:plain

市から接種券が送られてきたのが確か中学3年生のときだったと思うのです。

ちょうど高校受験のときで、考える余裕はなくそのまま放置。

 

そろそろ受けるか決めないといけないと、1回目を受けたのが高校1年の夏でした。

 

子宮頸がんワクチンは半年~1年の間に3回接種。

2回目が終わったら3回目打つまで半年期間をあける必要があるようです。

 

娘の場合、3回とも少し打ったところが違和感があるくらいで、重い副反応は何もありませんでした。

 

f:id:cocochiii:20220314112747j:plain

 

2022年2月が3回目接種、公費が使えるギリギリで終わらせることができました。

 

余裕を持って打つ計画を立てたほうが良さそうです。

 

子宮頸がんワクチンを実費で受けようと思うと4~5万円

とても高くてビックリですよね~(◎_◎;)

 

定期健診はとても大事(祖母の死は子宮頸がん)

f:id:cocochiii:20220314115431j:plain

祖母は子宮頸がんで亡くなりました。

 

定期健診を毎年は受けてなく、体調が悪くなって病院に行ったときにはもうがんが進行している状態。

 

手術を何度かして入退院を繰り返し、とても苦しんでたのを覚えています。

 

f:id:cocochiii:20220314112740j:plain

 

子宮頸がんはウイルス感染で起こるようですね。

HPV(ヒトパピローマウイルス)の感染が原因と考えられてるよう。

 

女性の多くが一生に一度は感染しても、ほとんどの人は自然に消えて、一部の人でがんになってしまうようです。

 

ヒトパピローマウイルス感染症~子宮頸がん(子宮けいがん)とHPVワクチン~|厚生労働省

 

私がとても大好きなZARDの坂井泉水さんも子宮頸がんで亡くなりましたね。

 

身内のがんで亡くなった人は祖母1人と祖父2人。

そういうこともあって、念のために1年に1回は市の健診を受けるようにしています。

 

 

 


お読みいただきありがとうございます!
応援していただけたら励みになります!
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へにほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
PVアクセスランキング にほんブログ村