ここちいいねっと

心地よく生きていきたい(二拠点生活/娘(大学生・高校生)と3人暮らし)

【スーパー総菜部門のアルバイト】人間関係が大事だと学んだ娘(通信制高校生の娘)

娘は、スーパーの総菜部門で働き始めて2ヶ月が経とうとしています。

 

仕事にもだいぶ慣れてなんとかここまで続けてきました。

 

娘と一緒くらいに総菜部門に入っていた大学生(男性)Aさん。

 

最近、総菜部門から寿司部門に異動になりました。

 

異動になった原因は、Aさんが仕事できてないことと人間関係だと思われます。

 

 

 

 

 

総菜部門の人たちがAさんの愚痴を言う

ほぼ同じタイミングで総菜部門で働き始めた娘とAさん。

 

娘が働き始めたころから、職場の人たちがAさんの愚痴を話してるのを耳にしていました。

 

例えば

 

  • 時間がかかる
  • 同じミスを繰り返す
  • 素直に謝っている感じがしない

 

月日が経つごとにAさんに対する職場の人たちの愚痴が増えていったようです。

 

一緒に働いてきた娘は

 

Aさんは料理を経験したことがなさそうだから手間取ってる感じがする。職場の人たちが言ってることもわかる気がするしAさんのことは私も苦手だな。

 

こう思っていたようでした。

 

Aくんは総菜は無理ではない?総菜部署にはいらないよ。

 

このようにおばちゃんたちが話しているのを聞いたことも。

 

職場の人たちの不満が、どんどんたまっているのを感じていたようでした。

 

 

 

総菜部門から寿司部門へ異動になったAさん

最近、総菜部門のシフト表にAさんの名前がなく

 

もしかしたらAさん辞めたか別の部門へ異動になったかも

 

と話していた娘。

 

Aさんは総菜部門から寿司部門へ異動になったようでした。

 

一緒に働く職場の人たちは、50~60代のおばちゃん・おじちゃんばかり。

 

若い子といえば、高校生の娘と大学生のAさんの2人。

 

総菜部門の人たちがAさんの異動を求めたのかどうかはわかりません。

 

上司も一緒に総菜部門で働くこともあるので、Aさんの仕事ぶりは知っていると思われます。

 

総菜から寿司に異動になったAさんですが・・・

 

寿司作りで働くOさん(50代男性)に対して、舌打ちしてるのを聞いた人がいるそう。

 

あからさまにOさんに対する態度が違いすぎて嫌ってるのがわかる。

 

一緒に働くおばちゃんが娘に教えてくれました。

 

 

 

人間関係が大事だと学んだ娘

総菜部門で働く人たちは、若い子が多いというより年配者が多め。

 

おばちゃん・おじちゃんが多いので、人間関係も気をつけないといけません。

 

気に入られないと一緒に仕事をするのは難しいのかもしれないですね。

 

娘は総菜部門で働いてみて

 

おばちゃんたちはよくしゃべるしうるさいよ~。おばちゃんとおじちゃんらとうまくやっていけないとここで働くのは無理だね。

 

と話していました。

 

1番大事なのは人間関係ということを学んだようです。

 

私も総菜で働いたときは、覚えることの多さと速さ、人間関係も大変だなと感じました。

 

全く料理をしたことがないと戸惑うかもしれません。

 

コミュニケーションをとりながら総菜を作って売り場へ。

 

短時間で作って売り場に出さないとダメなので、手際よく手早くしないといけません。

 

総菜で働くのは自分に向いているかどうか、よく考えて働く必要がありそうです。

 

スーパーの総菜作りアルバイトの人間関係(通信制高校生の娘)

 

 

 


お読みいただきありがとうございます!
応援していただけたら励みになります!
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へにほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
PVアクセスランキング にほんブログ村